「止まって乗って」 体の不自由な人や高齢者へ配慮を 理解広める取り組み

毎日新聞に掲載されました。

 

「止まって乗って」 体の不自由な人や高齢者へ配慮を 理解広める取り組み

左右いずれかの片側を、歩く人向けに空ける習慣が根付いているエスカレーター。2020年東京五輪・パラリンピックを控え、体の不自由な人への配慮や事故防止の観点から、止まって乗るよう呼びかける動きが広まっている。賛否が分かれるのが現状だが、理解を広めようとする動きを追った。【堀井恵里子】

Read more

毎日新聞